fbpx
→正規生の定員残りわずか!←

自宅学習の高効率な方法を紹介

お気軽にお問い合わせください!教育メソッド/コンテンツ
この記事は約4分で読めます。

塾に通っていれば自宅学習をする必要がないと考える方が多いでしょう。しかし、自宅学習のみであっても、志望校に合格する方もおられるので、塾と自宅学習を併用することが受験に合格する一番の近道と言えるでしょう。

しかし、自宅学習の方法がわからないという方が多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、自宅学習の方法や自宅学習を行う前の準備について紹介します。自宅学習の方法がわからない方には、参考になる記事となっておりますので、ぜひご一読下さい。

受験勉強は自宅学習だけでも通用する

受験を行う際には、塾に通わなければ合格できないのではないかと認識している方がほとんどです。しかし、勉強のコツさえつかめば、自宅学習のみでも通用するのです。ただ、塾に通うことは、自宅学習よりも効率の良い勉強や、志望校に向けた対策を取ることができますので、最善なのは塾に通いながら自宅学習をすることでしょう。しかし、塾に通えない場合は、自宅学習でも十分合格ラインに立つことは可能になります。

よく「自宅学習の方法がわからない」と悩んでいる方がいます。確かに自宅学習は自分で勉強する内容を決めるので、悩んでしまう方が多いものです。しかし、自宅学習はそこまで難しいものではありません。

自宅学習のコツは、勉強の優先順位を決めることです。例えば、毎日同じ科目を同じだけやっていると、全ての科目について学ぶことができます。しかし、覚える内容がバラバラなので、頭に入ってくる情報の量も少ないです。そこで、月曜日は国語を徹底的に勉強する、火曜日は英単語を覚える、など優先順位を決めるのです。集中的に一つの科目を勉強することができるため、効率よく学習することができます。したがって、自宅学習のコツは、優先順位を決めることにあるのです。

全ての科目で満点を取る必要はない

前述しましたが、受験勉強を行う際には全ての科目でいい点数を取るための勉強を行っている方が多いです。しかし、受験勉強では、すべての科目で良い点数を取る必要はありません。志望校によっては、英語や国語の配点が高く、そのほかの科目は配点が低く設定されています。そこからわかることは、国語や英語を重点的に勉強し、それ以外の科目は平均的な点数を取ればいいということです。

すなわち、わざわざ全ての科目でいい点数を取ろうとするのではなく、志望校に合わせた勉強をすればいいということになります。

自宅学習をする前に勉強のしやすい環境を整えよう

自宅学習を始める前には、まず身の回りの環境を整えることが必要です。勉強する部屋や机が散らかっていると、それらに気を取られて勉強に集中できない可能性があります。まずは、身の回りの清掃を行い、勉強をしやすいように環境を整えることが大切です。

自宅学習を高効率にするための3つのコツ

自宅学習はいかに、効率を高く行うかが大切です。そこで、「自宅学習を高効率にするためのコツ」を3つ紹介します。

  • 勉強時間を決める
  • 基礎を定着させる
  • とりあえず勉強を始める

これらは、一見当たり前のようなことですが、意外と実行できていない方が多いのです。それでは、項目ごとに一つずつ説明していきます。

勉強時間を決める

まず一つ目は、勉強時間を決めるということです。自宅学習には、時間が決まっていないので、だらだらと勉強してしまう可能性があります。そうなると、勉強の質も悪くなってしまいますし、時間がかかるので非効率です。そこで、大切なことは、勉強時間を決めるということです。そうすることでメリハリをつけることができますし、集中して勉強することができます。したがって、自宅学習をする場合は、勉強時間を決めておきましょう。

基礎を定着させる

続いて二つめは、基礎を定着させるということです。基礎を定着させることは当然のことだと、認識している人は多いでしょう。しかし、思っている以上に基礎を理解していない方が多いのです。まず基礎を理解しておかないと、応用問題を行っても、ただ問題を解くだけで理解して行っている勉強ではありません。応用問題を行うことは、基礎を理解した上で初めて効果が発揮されるのです。したがって、自宅学習を行う場合は基礎を定着させることを重点的に行いましょう。

とりあえず勉強を始める

最後は、とりあえず自宅学習を始めるということです。自宅学習はやろうと思っていても、なかなか始められないものです。やる気を出そうと思っても、つい後回しにしてしまい、結局勉強をしないという日もあるでしょう。そうならないために、とりあえず勉強を始めてみることが大切です。やる気やモチベーションは勉強を始め出したら、徐々に出てくるものです。

タイトルとURLをコピーしました